カテゴリ: 釣行記



2018年7月28日
天気:晴れ(最高気温38度!)
釣り場:ヨンフン島 海釣堀(ヨンフン パダナクシト)
参加者:
kaffeeさん
みぃ丸さん
ゆずさん
ひでき(釣行記)


今年からソウル釣りクラブの例会に始めて組み込まれた海釣堀例会。
今までに何度か行っているので、どんなものか分かってはいるものの、
例会で自分以外にの人を連れて行くのは初めて。

まあ釣堀だし、魚の時合は放流時間の要素が強いし、適当な時間にソウル出て
帰ってくるつもりが、例会開催日が近づくにつれて天候という問題が出てきた。

今年の韓国は超酷暑。
本来は北国のソウルですら40℃を記録して
7月~8月は釣りに行くと、サカナよりも人間が暑さでダメになるような日が続いた。

そこで、涼しい内に釣りを始めて、なるべく早く帰ってこようと
ソウルを深夜に出発するようにした。

しかし出発時の深夜4時頃は、1日で一番冷えこむ時間帯の筈だが、
すでに気温30℃を超えて、まとわりつくような暑さ。

これで太陽が昇ったらどうなるねん・・・と釣り場のコンデションを心配しつつ出発。
釣堀までは車で1時間半ぐらい。

この辺りはソウルから出るとちょうど田舎に差し掛かるぐらいのエリアで、
海釣堀自体も多い。

深夜出発もあって、渋滞も一切なく到着。

韓国の海釣堀は、海の近くに堀を作り、その周囲に釣り座を作って
釣りをするスタイルが普通。
大体、こんな感じです。

IMG_4751

IMG_4750


堀の中の水の動きとか、ポイント別の水深とかが受付に貼ってあります。

最近の釣果を釣り場の受付で聞くと「んー、大丈夫。釣れてるよ」と言うが
何か雰囲気がおかしい・・・。

暑くなる事が予想されるので、クーラーの付いた(!)バンガローを頼むと
簡単に2つの部屋が取れた。

アレ?
普段は混んでる筈だけど・・・、つまり客が少ないって事ね・・・。

そりゃそうだ。
スマホには公共メッセージで「なるべく外出は避けるように」なんて来てるし。

指定されたバンガローについて準備開始。
釣り方は平均的なウキフカセ。
餌は、イソメと剝きエビの混合。

水を触っても冷たいというよりはヌルい。
とりあえずキャスティングして仕掛け投入。
前方に生簀と水車があるので、それを目標に投げる。
IMG_4753



ウキをずっと見続けるよりは、たまに動かしてアクションを付けたほうが釣果は伸びるが、
ロッドとウキの間のラインを一直線にするのが大事で、こうすることでアクションにキレがでる。
ぼよよーん、と投げて糸ふけを取るだけだと、ロッドとウキの間の道糸がカーブを描くようになるが、
これだと竿を煽っても道糸が動くだけで、エサがあまり動かないし、
アタリがあってもフッキングの確立が落ちる。

kaffeeさんは流石のキャスティングで、磯竿をグイっと曲げてキレイな遠投。
着水前のサミングもバッチリ。
IMG_4760


みい丸さんは、船釣りの経験が豊富で、海釣堀は初めてだが、
仕掛け捌き等、安心して見ていられる。
IMG_4758


ゆずさんは、釣りはあまりした事が無いようで、ちょっと苦戦しているが、
そういう人にも優しいのが海釣堀。椅子に座りながら自分のウキを見ているだけでも楽しい。
暑くなったらバンガローに入ればクーラー効いているし(やったぜ!)
IMG_4759


・・・しかし暑い。
今日の予想最高気温は38℃。
分かっていたことだが、テンションが上がらない。
太陽も上がって、気温がどんどん上がってくる。
自分たちだけでなく、周囲もあまり釣れていない。

IMG_4752


こりゃ完全にヤバイ。

経験上、この時間までに釣れない日はロクな事がない。
あとは10時の放流に賭ける。

私はそれまで、涼しい室内で寝る・・・。
釣り場のすぐ横にクーラーのある部屋がある。
今日、防波堤とかで釣りしたら、太陽とか遮るものが何もなく、たぶん灼熱地獄。
こっちは釣り座のすぐ横にクーラー(笑)
このいい意味でのヌルさ、サイコーだぜ!

・・・
・・・
起こされた時にはエンジン音が聞こえていた。
放流の為に、管理人がボートに乗って生簀に移動している音だ。
生簀からどんどん魚が放流されていく。
事前にネットで確認してあったが、タイ・ニベ・スズキあたりのようだ。
放流後も、エンジンボートでわざと釣堀の中をしばらく走り回る。
養殖魚は、海で養殖されているときから、エンジンの音を聞く(人間が生簀にやってくる)と
食餌の時間と分かっており、エンジン音を立てて水面をかき回すことにより、
魚の活性を上げるらしい。

ココが一番の時合になる筈!!
今から集中して釣るべ!
餌を自家製サンマ切り身に切り替えて、フルキャスト!
さ~、鯛ちゃんよ、来い!

・・・
・・・
釣れん。
周りはポツポツと上がっているので魚はいるようだが、
全体的には低調。

と、ここで、みい丸さんにヒット!
仕掛け回収時の、ちょっと意外なタイミングでアタったので慌てるも、
慣れた竿捌きで魚を寄せて来る。

40㎝クラスの魚だと、それなりに引きも強い。
磯竿をグイグイ絞り込んでくるので、結構スリリングだ。
近くまで来て魚体が見えた。

鯛だ!
と、ここで魚がまた走った。
グッと竿がしなったところで、痛恨のフックアウト!

あ~!!
と言っても後の祭り・・・。
残念!!

魚はいるで~。
今がチャンスやで~。
と気合いが入るが、やっぱりダメ。
ってか、もうみんな帰りだしとるやないかい・・・。

IMG_4754



自分たちも周りも釣れてる感じがしないし、
気温も暑くなって、サウナで釣りをしている様相になってきたので、
昼前に納竿となりました。

あの鯛が取れていれば・・・。
こういう悔しさを忘れないのが、釣りにハマる人とそうでない人の違いです(多分w)

天気のせいばかりではないが、本当にこの日は暑すぎた!
釣果は残念だったけど、まあ、これも釣りってことで。


本日の教訓:天気見て、釣れそうにない日なら、違う日に行く勇気も必要!


でも、釣りに行く前は「今日は暑いけど、もしかしたら釣れるかも?」って
考えちゃう人間だよね、釣り人って(笑)

IMG_4767




釣行記:ひでき




        1.日時 2018.9.8
 

   2.場所 仁川港 沖合い

   3.参加者 kaffee、あじる、さわやん(記) 以上3名

 

波穏やかで好天の下、早朝6時出船の 仁イイダコ釣り例会を行ないました

 

定員45人の大型船は満員で、3人並んでの席確保のため、さわやんが朝3:30

場所確保を行い、ソウルから移動のkaffee/あじるさん迎えました。

 

船屋は、日本語が話せる経営者(パク社長で安心して仕掛けや、釣コツが伺えました。

        http://www.goraefish.co.kr/

出船前は、ラーメンサービス(昼食も同じラーメンでしたが)船内の仮眠室も備えられ

おり1時間程度の目的地移動も快適でした16:10には港に戻れております。

 

さてですが、さわやんはカウンターを準備し35匹、kaffeeさんは自宅数え47

あじるさんは57匹をザルに並べて数えられたです。

 

釣果のタコは、それぞれタコしゃぶ、スペイン風アヒージョ、おでんで各自堪能しました。

今回小物でしたが、秋が深まるにつれ大きくなる、次回10/6の例会楽しみです
3人揃って(1)

kaffeeさわやんあじる
     Kaffeさん47匹            さわやん35匹            あじるさん57匹

スペイン風アヒージョtemp_1536625023984_-1422269040タコしゃぶ
         アヒージョ                  おでん            タコしゃぶ

1.日時 : 2018.8.18

2.場所 : チョンピョン(清平)

3.参加者 : tochanさん、さわやんさん、ゆずさん、まりまり(記)

 

 韓国初釣りを行い、感激しているまりまり事鞠子です。

今回は、韓国伝統的なキョンジ釣りという事でワクワクです。

まず、写真で見ていた竿です。第一印象は、「どのように使うの????」

ですよね。なんか竿の先端に糸が巻いてあるけど?「どーやって巻き取るの???」

で、キョンジってどんな魚??より先に竿に興味が沸いてしまいました。

今回は、4人という事もあってtochanさんに車でで行くことになりました。

私は初めての参加でしたが、流石、「釣り仲間に壁は無し」で車内にいる内から

一気に打ち解けあい、釣りの話で盛り上がりました。

 盛り上がっている内にあっという間に釣り場到着です。

1535890763946

1535890767606
 中々ゆったりとした釣り場ですでに一名川面に浮かんでおりました。
釣りは、ダムの放流の始まる午後からとの事で、まずは腹ごしらえとなり、

「カンパーイ」♪♪♪
すみません。あまりに盛り上がり写真がありません。。。(釣行後に気付きました)

さて、釣りですが、お目当てのキョンジ竿をレンタルいたしまして感激です。

1535890770903

「何じゃこれ」が第一印象。竿を回して糸を巻き取ると聞いてびっくり。
日本で竿自体を回して糸を巻き取る釣りは知らなかったので新鮮でした。
釣り方はいたってシンプル。餌のサシ(ハエの幼虫)を針に刺し、竿を前に倒し
錘の重さで餌を川底まで落下させ、次に川の流れにのせて下流に餌を移動させ
適当なところで魚の当たりを待つといった釣りです。
あっと忘れてました。キョンジって魚の名前ではなく竿の名前だったのです。
ターゲットは基本は日本名でニゴイです。(tochanさんは鯉も狙ってました。)
さて、それぞれが船に乗り込み出船。釣り宿のおじさんがエンジン船で川の中央部分
まで連れて行ってくれます。全員の船を錨で固定後、おじさんはゆずさんのレクチャー。
と思ったらあっという間に魚をかけてしまいました。(すごい)

1535890774145


こちらも負けじと釣りを開始しましたが、手持ちの竿には一度あたりがあったのみで
魚がかかったのは置き竿のみ。やはり、釣ってやろうとしていると殺気が伝わるのか
手持ちには魚がかからず寂しい思いをしました。
1535890777168

ふと廻りを見回すと、TOCHANさんがなにやら大きな魚と格闘中。流石です。

1535890779996

さわやんさんは。。。。寝てます。(写真は撮りませんでした。。。)
楽しい釣りはあっという間に時間が過ぎ納竿の時間に、最終的にはTOCHANさんが13匹
さわやんさん、鞠子は同じく6匹。

1535890784067

(ゆずさんは用事があり途中で帰宅され釣果はお聞きしませんでした)
帰りに釣り場近くのシクタンで晩御飯(なまずの鍋料理)を食しました。
1535890787537

なまずはおいしかったのですが、韓国に来て間もない私は辛さにびっくり。
但し、ベテランのTOCHANさんさわやんさんは、「又来たくなる味だねえ」ってへっちゃら
な感じ。(お二人とも流石です。)
最後は、自宅まで送って頂き(すみません!)楽しい初韓国釣りの終了です。
お疲れ様でした。
                                以上

日付:2018.06.23 午前5時ごろ~
場所:西海(黄海)の島周り
天候:曇り時々晴れ
参加者:とちゃん会長、すいるさん、kaffeeさん、あじるさん、やまぴ~(釣行記担当)

2018年ヒラメ例会釣行記担当のやまぴ~です。

私は普段はBMTでバス釣りに参加していますが、何を隠そう海での船釣りの経験はありません!?
そう、私はバスや渓流のキャッチアンドリリース専門なのです。

まあ東京湾でのオカッパりシーバスやメバルはやっていたのですが…
そんな私がヒラメ釣り例会に参加したのは他でもない!食べられるからなのですっ!?

最近、YOU TUBEなんかで自分で釣った魚を食べている、とっても楽しそうな動画をみて
心を入れ替え(?)自分も釣った魚を食べてみようかと…。
今回のヒラメ釣りは、バスでお得意のダウンショットリグにワームを付けてヒラメを釣るそうな…。
しかもバスのタックルでもOKなんだとか。
と、いう訳で前日の夜中にイチョンドンからkaffeeさんの車に同乗させて頂き、乗合船の待つ
港まで行きました。

港に到着すると、驚いた事に釣り船がひしめき合って、深夜にも係わらず車と人がごった返している状態。
早速準備をして港のシクタンで食事も済ませ、船に乗り込んで出船を待ちます。

BlogPaint


周りが明るいくなり始めた頃に何処からともなく警察官らしき人がやって来て、船上での注意事項を
説明されて身分証明書を確認し、ようやく出船となりました。

IMG_3692

船のキャビンは仮眠が出来るようになっており、慣れた方たちは自分のスペースを確保して
ポイントに着くまでひと眠りしています。

IMG_3691

IMG_3690

IMG_3693

ポイントに着いた頃にはすっかり明るくなっていて、キャビンで仮眠していた人たちも飛び出して来て
船長さんからの合図で一斉に仕掛けを投入します。

IMGP2444

IMGP2456

IMGP2445

ダウンショットリグはバス釣りで慣れているものの、40号なんて巨大な錘に少々手こずりながらも
見様見真似で誘いをかけてヒラメのアタリを待ちます。

IMGP2475

周りでもポツポツと釣れ始め、そして自分にも待望のアタリが…?
何かが付いてることは間違いないのですが、水深30m程の海底から巻き上げるには少々時間が
かかります。
で、ようやく上がってきたのはヒラメ(韓国名:コァンオ)…、では無くソイ(韓国名:ウロク)でした。
一応、クーラーボックスに目印を付けた魚をキープしてもらい、また仕掛けを投入してアタリをまちます。
結局、このポイントではヒラメは釣れずに船長さんも見切りが早く、早々と次のポイントへ移動です。

10分から20分程度のショートピッチの移動を繰り返して、次々とポイントを回ってく作戦(?)のようです。

BlogPaint

IMGP2459


何か所か回った所で、またアタリが…。
いや、アタリというか根がかりに近いような、ずっしりとした重みの感触が…
今度こそはと巻き上げると、ようやく40センチ位のヒラメが上がってきました。
そうです、初のヒラメです‼そして待望の食糧確保。

IMGP2472

昼近くなると船上に食事が用意され、味わうというよりもカッコんで、また釣りを再開します。


IMGP2471

IMGP2447

みんな、それぞれの釣果を満喫しております‼

IMGP2454

IMGP2465

IMG_3695

時間もアッと今に過ぎ、船上で大量のヒラメを並べて本日の釣果の写真撮影です。

IMG_3698

ここで気が付いたのですが、韓国はヒラメの裏面を見せて写真を撮るのが普通のようですね。
何でも、裏面が白いのが天然ヒラメの証だとか…。

夕方に港に戻って本日の釣果を山分けし、解散となりました。

IMG_3702


IMG_3704

初のヒラメ釣りは大満足で終了し、自宅に帰ってまな板からはみ出る大きさのヒラメを美味しく頂きました。

IMG_3707

以上、

やまぴ~



2015年10月17日
天気:晴れ
釣り場:ヨンフン島 海釣堀
http://www.032-882-7780.kti114.net/idx.htm


今日、来たのは韓国の海の釣堀。
日本では「海上釣堀」のカテゴリーに入ると思う。

日本では、海の上にイケスを設置して、その中に釣りの対象魚(真鯛・シマアジ・ブリ等)を
放流して釣る・・・ってのが一般的。
海上の生簀の上で釣るから「海上釣掘」。これは非常に分かりやすい。

で、韓国はというと、生簀の上で釣るスタイルもあるけど、一般的じゃない。
よくあるのは、海の近くに堀(プールみたいな感じ)を作って、
海から海水を引いて、そこに魚を放流・・・、それを釣るってスタイル。
深さは2~3m位かな?
放流魚は、真鯛・ウロク・シマアジ・スズキ・ブリって所です。
とりあえず、このブログでは「海釣堀」で進めます。
(HPで最近の釣果をチェック!)

http://www.032-882-7780.kti114.net/


この海釣堀のメリットは、やはり「手軽に大物が釣れる」って事です。
これは日本と一緒ですね。
真鯛も40センチクラスが放流されてて、これを自然で釣るなら、
まず船に乗って、結構遠くまで行かなきゃいけない。
釣れるときは爆釣だけど、釣れないこともあり得る・・・。
時間も費用も結構かかる。

海釣堀は、気軽に行って帰ってこれる。
家族連れとかには遠足気分プラス釣りっていう
レジャー的な気持ちでできるのがナイス。

で、今回も息子と行ってきました。
(スイマセン、2年前です・・・)

韓国の海釣堀は面白いことに基本的に24時間営業。
何時に行っても営業してる。

良いサイズの魚が放流されているだけあって、入場料は結構高い。
(これは日本も同じ)
だから、みんな少しでもモトを取ろうと気合を入れて釣る(ように見える)
2015年現在、入場料は大人60000ウォン・子供と女性は40000ウォン。
これで制限時間は入場から12時間。
一人につき、使える竿は1本だけだけど、この辺は結構あいまい(笑)

釣り場自体広いので、管理人の目が届かない所で、2本竿とかも見ます。
(2018年、値上がりしてました。大人で70000ウォン。子供と女性は50000ウォンです)

えさ釣りであれば、エサの種類とか、ハリ数とかに制限はないが、ルアーはダメ。
ワーム禁止しても、エビのむき身等を塩締めしてジグヘッドで流せばよくない?
と思ったりもするが、トラブルも面倒なので周りと同じエサ釣りをする(笑)

入口でお金を払うと、時間を記録した札をくれるので
中に入って、好きな場所で釣りを始めるだけ。
貸し竿、エサ、仕掛け、お菓子、カップラーメン、全部売店で売っています。

魚によって集まりやすい場所があるので、お金を払う時に管理人に
どの場所のどれ位のタナが良いかを必ず聞くこと。
海釣堀は、場所が命です。
釣れない場所はトコトン釣れません。

みんなが仕掛けをビュンビュン投げるから、釣り場全体でプレッシャーが高く、
魚はイケスの周りとか深場に逃げ込んでいる様子。
四角形の堀でも、魚の集まり易い場所は、偏っているようで
実績のある場所は、お客さんも多く集まっている。
沢山釣りたいけど、いいポイントで釣り人密度が高いと、
仕掛けがオマツリになったりして、面倒なんだよね・・・。

仕掛けは自由だけど、ウキ釣りの人が多い。
オモリ付きのウキを磯竿で30~50m位投げてアタリを待つ。
タナは1~2m位で浅め。
エサは、剥きエビ・イソメ・ドジョウ等。

アタリは明確にウキが水面に消し込むから分かりやすいが、
実際はウキをずっと見続けると疲れてくるから、
放置しちゃって、向こうアワセが多くなる。

たま~にウキを見ると沈んでるから、
あわてて竿を持ち上げてアワセを入れるって感じ。
イヤ・・・現実問題、ずっとウキなんか見つめられませんって(笑)

でもこの「集中」ってのが大事で、たくさん釣る人は、竿を放置とかあんましない。
竿先をいいタイミングで動かして、誘いの動きを欠かさない。
で、小さなアタリも見逃さずに釣ってる・・・ように見える。



あと、追加料金でバンガロー部屋を貸してくれる。
春と秋以外は、結構暑かったり寒かったりと天気が過酷なので、
余裕があれば使いたい。
竿は2本以上(二人分の料金)が必要になる。

この釣堀、ホームページで毎日の釣果を見せてくれる。
一日に20匹とか釣ってる人もいるけど、これはごく一部の「超最高!」の釣果。
この釣堀によく来て、場所やパターンを知り尽くしている人達なので、真に受けてはイカンです。
一日で真鯛が5匹も釣れればまあ「合格」のレベルです。
全く釣れない事もありますので・・・。

釣れない一番の原因が場所(釣り座)。
魚がいないとこでの釣りは、エサの無駄です。
あとはやっぱり対応力。
釣れないなら、エサやタナを変えて、いろんなパターンを試して、
その日のハマるパターンを探す。それを続けると釣果は伸びる。
釣れないエサやタナで粘るのはマジで時間の無駄。

で、ここから写真付き


そんなこんなで、
夜12時に到着。
周囲は真っ暗。


1


受付で料金を払い、エサのゴカイと冷凍エビを買う。
今日はバンガローを借りた。
バンガローと言っても小さいコンテナに内装を付けただけで、
中身はご覧の通り、何もない。


2


3

4


韓国の人は、ここにシュラフやらコンロやらを持ち込んで
お父さんは釣り、家族はキャンプ(?)みたいな過ごし方をする。
エアコンもついてて、夏の炎天下にはありがたい。
自然との触れ合いレベルは・・・だいぶ薄れるが、こういった釣りもあっていいと思う。
ワイはこういうの好きやで!(笑)
車も横付けできるし、重い荷物も楽に搬入できるねん(超大事!)

8


こういったバンガロー(コンテナ)が沢山準備してある。
週末は予約で埋まって取れないこともある。
決められたスペースに、他人が入らないように、
金網で区分けはしっかりしてあり、このへんも安心。

バンガローを利用せずに、通常の釣り座だと、
小さな小屋にイスが付いてくる。
一人だったらこれで十分。

釣り堀の大きさはかなり大きい。
100m x 300m 位だろうか。
30m先に水車が回っていて、
イケスも設置されており、そこがポイントらしい。

6

遠投が必要となるので、磯竿+飛ばしウキを使う人が多い。
仕掛けを作る。
自立式の遊動ウキを使い、磯竿で遠投する。

12


遠投の為、ラインはPEが有利。
一応、ハリスの前に日本と同じく、クッションゴムを付ける。
あと、テンビンなしの遠投なので、必ず仕掛けが着水する前に、
サミング等で、仕掛けがらみが起きないように投げる事。
釣れんな~、と思い仕掛けを回収してみたら、
仕掛けが絡んでいた、という事もあり得る。
理由は完全に自分のキャストミス。
エサはゴカイとエビのミックス(同時にハリ付け)
効果は「?」だが、周りのみんながそうしているから、
ここは郷に入ってはナントやらだ。

14


夜が釣れるかと思ったが、結局最初の一匹は
朝になってから。
ウキがちょっと動いても、まだ我慢。
エサのアピールの為に、ゴカイのタラシは大きく取ってある。
完全に消し込んでから合わせを入れると、釣れたのは40cmの真鯛。
日焼けも少なく、きれいな魚体(養殖だけどねw)

13


海釣堀は料金が高いが、このクラスの真鯛を船で釣るのは・・・簡単ではない。
子供に手っ取り早く大きな魚を釣ってもらうには、この釣りが一番だと思う。
養殖といっても真鯛の40cmクラスは強力に引くし、子供には迫力十分。

5


午前10時頃に放流。
イケスから魚をバンバン放す。
当然、この時間帯が活性が高くなり、一番のチャンスタイム。
周りでも徐々に釣れ出しているが、なかなか続かない。

15

ポツポツ釣れて、また静かになって、の繰り返し。
それでもウロクと真鯛を追加でゲット。
12時間経過したので昼頃に撤収。
本日の釣果は、竿2本で6匹(平均40cmクラス)
ん~、まあこんなもんです。

securedownload


気楽に行って、気楽に帰って来れる海釣堀。
みなさんも一度は行ってみて下さい。


今度、例会やりますんで(^^)


(完)

↑このページのトップヘ