2018年7月28日
天気:晴れ(最高気温38度!)
釣り場:ヨンフン島 海釣堀(ヨンフン パダナクシト)
参加者:
kaffeeさん
みぃ丸さん
ゆずさん
ひでき(釣行記)


今年からソウル釣りクラブの例会に始めて組み込まれた海釣堀例会。
今までに何度か行っているので、どんなものか分かってはいるものの、
例会で自分以外にの人を連れて行くのは初めて。

まあ釣堀だし、魚の時合は放流時間の要素が強いし、適当な時間にソウル出て
帰ってくるつもりが、例会開催日が近づくにつれて天候という問題が出てきた。

今年の韓国は超酷暑。
本来は北国のソウルですら40℃を記録して
7月~8月は釣りに行くと、サカナよりも人間が暑さでダメになるような日が続いた。

そこで、涼しい内に釣りを始めて、なるべく早く帰ってこようと
ソウルを深夜に出発するようにした。

しかし出発時の深夜4時頃は、1日で一番冷えこむ時間帯の筈だが、
すでに気温30℃を超えて、まとわりつくような暑さ。

これで太陽が昇ったらどうなるねん・・・と釣り場のコンデションを心配しつつ出発。
釣堀までは車で1時間半ぐらい。

この辺りはソウルから出るとちょうど田舎に差し掛かるぐらいのエリアで、
海釣堀自体も多い。

深夜出発もあって、渋滞も一切なく到着。

韓国の海釣堀は、海の近くに堀を作り、その周囲に釣り座を作って
釣りをするスタイルが普通。
大体、こんな感じです。

IMG_4751

IMG_4750


堀の中の水の動きとか、ポイント別の水深とかが受付に貼ってあります。

最近の釣果を釣り場の受付で聞くと「んー、大丈夫。釣れてるよ」と言うが
何か雰囲気がおかしい・・・。

暑くなる事が予想されるので、クーラーの付いた(!)バンガローを頼むと
簡単に2つの部屋が取れた。

アレ?
普段は混んでる筈だけど・・・、つまり客が少ないって事ね・・・。

そりゃそうだ。
スマホには公共メッセージで「なるべく外出は避けるように」なんて来てるし。

指定されたバンガローについて準備開始。
釣り方は平均的なウキフカセ。
餌は、イソメと剝きエビの混合。

水を触っても冷たいというよりはヌルい。
とりあえずキャスティングして仕掛け投入。
前方に生簀と水車があるので、それを目標に投げる。
IMG_4753



ウキをずっと見続けるよりは、たまに動かしてアクションを付けたほうが釣果は伸びるが、
ロッドとウキの間のラインを一直線にするのが大事で、こうすることでアクションにキレがでる。
ぼよよーん、と投げて糸ふけを取るだけだと、ロッドとウキの間の道糸がカーブを描くようになるが、
これだと竿を煽っても道糸が動くだけで、エサがあまり動かないし、
アタリがあってもフッキングの確立が落ちる。

kaffeeさんは流石のキャスティングで、磯竿をグイっと曲げてキレイな遠投。
着水前のサミングもバッチリ。
IMG_4760


みい丸さんは、船釣りの経験が豊富で、海釣堀は初めてだが、
仕掛け捌き等、安心して見ていられる。
IMG_4758


ゆずさんは、釣りはあまりした事が無いようで、ちょっと苦戦しているが、
そういう人にも優しいのが海釣堀。椅子に座りながら自分のウキを見ているだけでも楽しい。
暑くなったらバンガローに入ればクーラー効いているし(やったぜ!)
IMG_4759


・・・しかし暑い。
今日の予想最高気温は38℃。
分かっていたことだが、テンションが上がらない。
太陽も上がって、気温がどんどん上がってくる。
自分たちだけでなく、周囲もあまり釣れていない。

IMG_4752


こりゃ完全にヤバイ。

経験上、この時間までに釣れない日はロクな事がない。
あとは10時の放流に賭ける。

私はそれまで、涼しい室内で寝る・・・。
釣り場のすぐ横にクーラーのある部屋がある。
今日、防波堤とかで釣りしたら、太陽とか遮るものが何もなく、たぶん灼熱地獄。
こっちは釣り座のすぐ横にクーラー(笑)
このいい意味でのヌルさ、サイコーだぜ!

・・・
・・・
起こされた時にはエンジン音が聞こえていた。
放流の為に、管理人がボートに乗って生簀に移動している音だ。
生簀からどんどん魚が放流されていく。
事前にネットで確認してあったが、タイ・ニベ・スズキあたりのようだ。
放流後も、エンジンボートでわざと釣堀の中をしばらく走り回る。
養殖魚は、海で養殖されているときから、エンジンの音を聞く(人間が生簀にやってくる)と
食餌の時間と分かっており、エンジン音を立てて水面をかき回すことにより、
魚の活性を上げるらしい。

ココが一番の時合になる筈!!
今から集中して釣るべ!
餌を自家製サンマ切り身に切り替えて、フルキャスト!
さ~、鯛ちゃんよ、来い!

・・・
・・・
釣れん。
周りはポツポツと上がっているので魚はいるようだが、
全体的には低調。

と、ここで、みい丸さんにヒット!
仕掛け回収時の、ちょっと意外なタイミングでアタったので慌てるも、
慣れた竿捌きで魚を寄せて来る。

40㎝クラスの魚だと、それなりに引きも強い。
磯竿をグイグイ絞り込んでくるので、結構スリリングだ。
近くまで来て魚体が見えた。

鯛だ!
と、ここで魚がまた走った。
グッと竿がしなったところで、痛恨のフックアウト!

あ~!!
と言っても後の祭り・・・。
残念!!

魚はいるで~。
今がチャンスやで~。
と気合いが入るが、やっぱりダメ。
ってか、もうみんな帰りだしとるやないかい・・・。

IMG_4754



自分たちも周りも釣れてる感じがしないし、
気温も暑くなって、サウナで釣りをしている様相になってきたので、
昼前に納竿となりました。

あの鯛が取れていれば・・・。
こういう悔しさを忘れないのが、釣りにハマる人とそうでない人の違いです(多分w)

天気のせいばかりではないが、本当にこの日は暑すぎた!
釣果は残念だったけど、まあ、これも釣りってことで。


本日の教訓:天気見て、釣れそうにない日なら、違う日に行く勇気も必要!


でも、釣りに行く前は「今日は暑いけど、もしかしたら釣れるかも?」って
考えちゃう人間だよね、釣り人って(笑)

IMG_4767




釣行記:ひでき




        1.日時 2018.9.8
 

   2.場所 仁川港 沖合い

   3.参加者 kaffee、あじる、さわやん(記) 以上3名

 

波穏やかで好天の下、早朝6時出船の 仁イイダコ釣り例会を行ないました

 

定員45人の大型船は満員で、3人並んでの席確保のため、さわやんが朝3:30

場所確保を行い、ソウルから移動のkaffee/あじるさん迎えました。

 

船屋は、日本語が話せる経営者(パク社長で安心して仕掛けや、釣コツが伺えました。

        http://www.goraefish.co.kr/

出船前は、ラーメンサービス(昼食も同じラーメンでしたが)船内の仮眠室も備えられ

おり1時間程度の目的地移動も快適でした16:10には港に戻れております。

 

さてですが、さわやんはカウンターを準備し35匹、kaffeeさんは自宅数え47

あじるさんは57匹をザルに並べて数えられたです。

 

釣果のタコは、それぞれタコしゃぶ、スペイン風アヒージョ、おでんで各自堪能しました。

今回小物でしたが、秋が深まるにつれ大きくなる、次回10/6の例会楽しみです
3人揃って(1)

kaffeeさわやんあじる
     Kaffeさん47匹            さわやん35匹            あじるさん57匹

スペイン風アヒージョtemp_1536625023984_-1422269040タコしゃぶ
         アヒージョ                  おでん            タコしゃぶ

1.日時 : 2018.8.18

2.場所 : チョンピョン(清平)

3.参加者 : tochanさん、さわやんさん、ゆずさん、まりまり(記)

 

 韓国初釣りを行い、感激しているまりまり事鞠子です。

今回は、韓国伝統的なキョンジ釣りという事でワクワクです。

まず、写真で見ていた竿です。第一印象は、「どのように使うの????」

ですよね。なんか竿の先端に糸が巻いてあるけど?「どーやって巻き取るの???」

で、キョンジってどんな魚??より先に竿に興味が沸いてしまいました。

今回は、4人という事もあってtochanさんに車でで行くことになりました。

私は初めての参加でしたが、流石、「釣り仲間に壁は無し」で車内にいる内から

一気に打ち解けあい、釣りの話で盛り上がりました。

 盛り上がっている内にあっという間に釣り場到着です。

1535890763946

1535890767606
 中々ゆったりとした釣り場ですでに一名川面に浮かんでおりました。
釣りは、ダムの放流の始まる午後からとの事で、まずは腹ごしらえとなり、

「カンパーイ」♪♪♪
すみません。あまりに盛り上がり写真がありません。。。(釣行後に気付きました)

さて、釣りですが、お目当てのキョンジ竿をレンタルいたしまして感激です。

1535890770903

「何じゃこれ」が第一印象。竿を回して糸を巻き取ると聞いてびっくり。
日本で竿自体を回して糸を巻き取る釣りは知らなかったので新鮮でした。
釣り方はいたってシンプル。餌のサシ(ハエの幼虫)を針に刺し、竿を前に倒し
錘の重さで餌を川底まで落下させ、次に川の流れにのせて下流に餌を移動させ
適当なところで魚の当たりを待つといった釣りです。
あっと忘れてました。キョンジって魚の名前ではなく竿の名前だったのです。
ターゲットは基本は日本名でニゴイです。(tochanさんは鯉も狙ってました。)
さて、それぞれが船に乗り込み出船。釣り宿のおじさんがエンジン船で川の中央部分
まで連れて行ってくれます。全員の船を錨で固定後、おじさんはゆずさんのレクチャー。
と思ったらあっという間に魚をかけてしまいました。(すごい)

1535890774145


こちらも負けじと釣りを開始しましたが、手持ちの竿には一度あたりがあったのみで
魚がかかったのは置き竿のみ。やはり、釣ってやろうとしていると殺気が伝わるのか
手持ちには魚がかからず寂しい思いをしました。
1535890777168

ふと廻りを見回すと、TOCHANさんがなにやら大きな魚と格闘中。流石です。

1535890779996

さわやんさんは。。。。寝てます。(写真は撮りませんでした。。。)
楽しい釣りはあっという間に時間が過ぎ納竿の時間に、最終的にはTOCHANさんが13匹
さわやんさん、鞠子は同じく6匹。

1535890784067

(ゆずさんは用事があり途中で帰宅され釣果はお聞きしませんでした)
帰りに釣り場近くのシクタンで晩御飯(なまずの鍋料理)を食しました。
1535890787537

なまずはおいしかったのですが、韓国に来て間もない私は辛さにびっくり。
但し、ベテランのTOCHANさんさわやんさんは、「又来たくなる味だねえ」ってへっちゃら
な感じ。(お二人とも流石です。)
最後は、自宅まで送って頂き(すみません!)楽しい初韓国釣りの終了です。
お疲れ様でした。
                                以上

↑このページのトップヘ